1. トップページ
  2. 第二の人生トップ

社会貢献活動

江見さんコンサート(玉名市博物館「こころピア」)

16曲ものクラシックから唱歌に至る名曲の数々、皆さん大いに楽しみ、元気と勇気が湧いてきたのではないかと思います。

スナップ写真

1 2 3

H29年12月16、17、23日 江見さん出演のコンサート

12/16玉名市ルーテル幼稚園でクリスマス会が開催され、江見さん御夫婦による司会と演奏、子供達の演奏と歌声を楽しみました。

12/17玉名カトリック教会で江見さん出演によるコンサートが開催されました。

12/23南関で江見さん御夫婦及びピアニストのHさん出演による「南関仲間コンサート」が開催され、60名以上の方々が楽しみました。

熊本地震報告/玉名市避難所での慰問コンサート実施

玉名市福祉センターに避難されている方々に少しでも元気になっていただくために、ヴァイオリン奏者の江見さんと奥様(歌唱)更に、ピアノ奏者の堀さんの三名で慰問コンサートを実施されました。避難されている方々は、お年寄り、幼児達とそのお母様方職員の方々、応援のP-OBの皆さんで、当日の午前11時より約1時間実施されました。30名以上の方々の前で、クラシックからヒット曲まで演奏され、避難者の方々もじっと聞き入っておられました。演奏曲は「ショパンNo5」、「365日の紙飛行機」等11曲を披露され、更にアンコールで「花は咲く」を演奏されました。地震により避難されている方々の気持ちを、少しでも和らげることが出来たのではないかと思います。尚奥様は「大きな古時計」なども皆さんに語りかけるように歌われ、優しい気持ちが伝わったのではと感じました。江見さん、堀さん大変お疲れ様でした。
(レポーター&写真・ビデオ:佐野/編集:立石)

スナップ写真

1 2 3 4 5 6 7

田中建さん社会福祉活動の功績で県知事賞受賞

熊本地区の田中建さんが、このほど社会福祉活動の功績に対して熊本県知事賞を受賞しました。これは、所属する団体「たまな元気会」として受賞したものですが、平成19年度に会が発足し、5年が経過する中で、各自治区のニーズにあった高齢者の元気づけの活動と、日本公衆衛生学会での発表、日本全国市議会来訪対応などの功績が認められたものです。
田中さんは、「たまな元気会」ネットワークの中で玉名自治区(39町内会)の西岩崎町内会長であり、日本公衆衛生学会での発表も担当しました。写真後列右が田中さん。
(徳丸レポーター)

山口市で開催の「71回公衆衛生学会」で発表(田中建さん)

10月24~26日に山口市で開催された「第71回公衆衛生学会」で、玉名市の田中建さんが、自身が町内会長を務める 「西岩崎町内会」(200世帯451人)の公民館活動について発表しました。この学会は公衆衛生とその関連分野の調査・研究活動などの情報提供の場として、毎年全国持ち回りで各県にて開催され、今回は1700件余の活動報告があり、殆どが大学・行政による発表で、民間は7件でした。3件が玉名市からで、お楽しみ会を月1回、手芸、ボケ防止ゲーム、ウォーキング、食事会、日帰りバスツアーをそれぞれ年1回開催。医師による健康講話を年5回、行政による介護予防講話を年1回、および『元気体操』を月3回開催していることなどを発表。特に、65歳以上の高齢化率が31%のこの地区で『元気体操』開始1年後、2年後の体力測定を行い、改善した人が73%に上ることをデータで示したことが評価されたようです。今後の課題は、活動に参加しない人たちをどう参加に導くかだとしています。田中さんの益々の活躍を期待します。
(徳丸レポーター)

スナップ写真

1 2