HP Topへ   菊水工場見学 活動報告へ 
h271104kaigi 
   11月4日(水)PPRD(パナソニック プレシジョン デバイス社)にて第3回の熊本地区運営委員会を開催しました。今回は廣田幹事手配により工場
 見学が実現できました。まず人事の宮崎さんよりパワーポイントで菊水工場の近況を説明していただき、その後ショールームに展示された素子と製品
 の説明を、カテゴリーごとに専任者より説明を受けました。ODDは最終機種となる薄型ブルーレイドライブの製品と、生産状況を前田部長より。インク
 ジェットは、インライン方式の高速印刷用ヘッドユニットの現状と新製品の高密度薄膜ピエゾ素子の開発。インク飛散が非常に少なく高解像度で印刷
 できるヘッドの説明を渡邊総括より受けました。最後に熱電効果(ペルチェ&ゼーベック効果)素子を特殊加工で強度とフレキシビリティーを兼ね備え
 た新素子を開発し、高効率で加熱や冷却、温度差発電が可能な商品として仕上げ拡販を推進中と、奥園課長よりお聞きしました。以上の3つのカテゴ
 リーは、菊水工場の精密加工技術とピコ秒レーザー等の特殊設備にて実現したものです。井手新社長との懇談もできました。菊水工場は薄膜形成、
 精密加工技術を基本として、光ピックアップ・薄膜ピエゾ素子・強度と屈曲性を持ったペルチェ/ゼーベック効果素子を開発製品化し、拡販を図ってい
 ます。これらの基礎技術を生かして、今後も大いに発展していただきたいと思います。インクジェットヘッドは、将来の*****にもつながる技術。
 ペルチェ素子は車への応用も期待されています。頑張れPPRD・菊水工場。
  この後、松九会発足20周年記念行事への参画、熊本地区の20周年総会に向けた準備、各種活動実績と計画などにつき、打ち合わせを行いました。
                                                                 (レーポーター:立石/写真:松田)
 
 PPRD(菊水工場)玄関にて:左端PPRDの宮崎さん、プロジェクターで工場の概要を説明していただきました。右より3番目は、井手新社長
 
  左上:超薄型360度動作可能なブルーレイマルチドライブの説明をしていただいた前田部長。右上:菊水独自の光ピックとドライブ(ほとんどのPCメーカ
ーに納入しています。)
 
  インクジェットヘッドユニットの説明をされる渡邊総括、インラインヘッドと新型ヘッドの説明を熱心に聞き入る参加者の皆さん。右端大型のXYプロッター
 
  左奥は主力商品のインラインヘッドユニット、このヘッドを組み込んだプリンターは、一台が数億円しますが新聞の輪転機を思わせる高速印刷で、1秒
間に数十メートルの印刷が可能です。しかもPC画像を直接印刷するので、転写用版は必要ありません。右奥が拡販中の高密度ヘッドでこれはライン
ではなく超大型のX-Yプロッタータイプの印刷機に使用されます。ラインヘッドは家の外壁ボードの印刷や、広告及び観光用ポスター等、更にプロッター
では、布への印刷、幅広の広告などにも使用されているそうです。
  左側の電源に接続されたボックスは、高効率ペルチェ効果を確認できる既存品との比較例。車は温度差発電ユニット、右端の円筒形は、印刷機用の
冷却ユニット、後ろ中央付近のプリント基板状の素子は、ゼーベック効果・温度差発電素子で数センチ角で10Wの発電能力があるそうです。右の写真は
OB会の野尻さんが車の運転席に座って、何やら楽しそうですが、何を試しているかは皆さんで推測してみてください。奥園課長に説明して頂きました。
 
 運営委員会で挨拶中の廣田幹事、この後PPRDの概要説明をしていただいた宮崎さん、熊本地区役員と世話係、ホームページ・写真担当の皆さん
Topへ