1. トップページ
  2. 地区活動報告

見学会実施状況

松九会合同工場見学会開催(八丁原地熱発電所)

2018年11月28日、松九会本部企画の工場見学に地区間交流を兼ね熊本地区から17名が参加しました。目的地は昭和52年九重山地に建 設された、九州電力八丁原地熱発電所の見学でした。福岡地区の皆さんとは現地で合流し、8万世帯の電力を賄つている発電所の説明と壮大なタービンを見学し、昼食を共にした後お別れしました。熊本グループは、その後計画していた竹田城址にある岡城跡と九重ワイナリー見学に向かい、岡城では本丸まで徒歩20分掛かることから、歩こう会の行事を兼ねて全員で滝廉太郎の銅像が置かれている本丸跡までを散策す る事にしました。岡城は明治7年に取り壊され城郭はありませんが、熊本城を凌ぐ石垣の多さとその高さには驚異を隠せず、築城の苦労を充 分に推し量ることが出来る佇まいでした。九重ワイナリーでは、試飲を試みてそれぞれお気に入りのワインを購入し帰路に着きました。
レポーター:福村さん/写真:佐野さん

スナップ写真

1 2 3 4 5 6 7 8

松九会合同社会見学会実施(佐世保海自基地・他)

平成28年11月30日・松九会合同社会見学会(海上自衛隊佐世保基地と自衛隊佐世保資料館「セイルタワー」)に参加しました。熊本地区から21名の会員と家族でマイクロバス1台、福岡、他地区は80名参加。薄暗い7;30出発、18:00帰着、当日は予報が外れ、終日好天でした。始めに佐世保資料館の見学、熟練OBの方から自衛隊の歴史と歩み、西海の護り等を詳細に、見学時間が不足する程説明頂き納得しました。
昼食は中華バイキング、次に海上自衛隊佐世保基地内へ移動。帰港中のミサイル護衛艦「しまかぜ」4650t、乗員240名に乗船。艦長さんから歓迎の挨拶と紹介、護衛艦の任務、性能、特徴等をスクリーンで説明を受けました。更に艦上でミサイルと主砲の操作実演、詳細な説明を聞きながら、艦内一時間以上の見学と写真撮影もできました。自衛官が人知れず日夜の厳しい訓練と日本の防衛任務に就いていると知りました。帰りは隊員が一列に並び帽子を振って見送ってくれました。最後に梅ヶ枝酒造を見学、気に入った酒を土産に帰路へ。今回の社会見学会は大変楽しく、意義ある勉強会になりました。
(レポート:廣田さん/写真:佐野さん)

スナップ写真

1 2 3 4 5 6 7 8

松九会合同工場見学会実施(八幡製鐵所&エコタウン)

2015年11月30日福岡・佐賀・熊本地区合同の工場見学会を開催しました。福岡・佐賀から70名、熊本から20名が参加し、3台のバスで北九州戸畑区の新日鐵住金株式会社・八幡製鐵所の製銑(鉄鉱石を溶かした銑鉄を取り出す)工程と、25cm厚のスラブを取り出す製鋼工程を見学しました。高炉は一度に5000トンを溶解できる巨大さで、製鋼工程の2700トンと1800トンの製鋼、圧延装置は、その速さと熱水蒸気で圧巻でした。次にエコタウンに移動の為、真っ赤な若戸大橋を渡りました。エコタウンの白島展示館で、準備されていた弁当をみんなでいただきました。エコタウンでは蛍光灯再生工場とTV、冷蔵庫、洗濯機、エアコンのリサイクル工場二か所を見学しました。いずれの見学でも広報係の方々に親切に説明して頂き、あっという間に時間は過ぎてしまいました。玉名出発7:30、帰着18:30で丸一日の行程でした。柔らかく照らす朝日と夕日に包まれ、良い天気に恵まれた充実した一日でした。見学会を企画し、お世話頂いた関係者の方々に深く感謝いたします。
(リポート:立石 /写真:佐野さん)

スナップ写真

1 2 3 4 5 6 7 8